ヨーロッパ旅行10月11日(ドイツ5日目)<過去記事>

(2020年2月6日修正)

2016年9月28日から11月3日までデンマークの首都コペンハーゲンを皮切りにドイツ、オランダ、ベルギー、フランスを旅行してきました。見れなくなってしまった方のブログ『よしっさ』に書いていましたが、内容を充実させて随時アップしています。

ハンブルクのお高いホテルで目が覚め天気予報を確認すると、雨の時期を象徴するように、しばらく雨が続くようでした。

そういう事で、この日の目的地・ブレーメンへ鉄道移動することにしました。

前日に湿気抜きに広げていた寝袋はしっかり乾いて軽くなりました。とりあえず朝食をとりに一階へ。

ここでもパンの種類がたくさんありました。固そうなもの、クロワッサン、フランスパンの他にも3、4種類はあったかな?前に宿泊したフレスブルクのホステルの朝食でも種類が多かったけど、どうやらドイツでは普通のようです。もちろんウインナーもありました。そして、驚くことはチーズが美味しいこと。日本で市販されているチーズような臭みはなくまろやかでコクがあります。欧米人が日本のチーズが美味しくないという理由が分かったような気がします。

広告

【Booking.com】世界のホテル割引予約

部屋へ戻り身支度を整え出発。ハンブルク中央駅に自転車で向かいました。

途中で見かけたカワサキのバイクZ650です。ちゃんと日の丸がはってありました。この画像だけだとドイツに見えないです。日本製バイクは旅の中でかなり見かけました。しかもほとんどが排気量の大きな高級スポーツバイクでした。

蛍光ジャケットを着た子供自転車集団が後ろに迫ってきたので道を譲りました。分かりにくいですが大人は警察官で子供達に自転車交通ルールを教えているようでした。子供とはいえヘルメットをかぶり蛍光の安全ジャケットを身につけています。安全対策が徹底されてると感心しました。

途中の河のほとりでSURLYの画像を一枚とりました。曇天なのが勿体無い

街中は自転車専用道路がありました。専用信号も一応あり。

ハンブルク中央駅に到着、ベージュ色のタクシーが止まっています。日本なら高級車の某ドイツ車ばかり。

駅の中の様子。時計がでかい。エスカレーターに見える人たちの方が私に近い位置にいるのに遠近感が狂いそう。

ハンブルクからブレーメンの切符の購入は問題なく自動券売機で買えました。前日の失敗はこれで帳消しと…

でも念のため窓口に行って列車の時刻と車両をプリントアウトしてもらいました。

ハンブルク中央駅の中で見つけたへんな像、スタンドかいな?

ホームのパノラマ写真です。いくつもホームが屋根のある建物内に作ってあることに驚きました。日本じゃ耐震対策とかで無理かも。

出発まで1時間近く猶予をもたせたので、ツイッターのフォロワーさんから教えていただいたシナモンロールなパンを買いました。一個の大きさがソコソコなのに1ユーロで、思わず二個買いました笑 列車の中で食べたけど2個でお腹いっぱい。満足。

ブレーメンまでは2時間もかからなかったかな?

ブレーメン駅構内の怪しい寿司売店。アジア人の店員がスマホで誰かと話をしていましたが明らかに日本語じゃない。ヨーロッパの寿司レストランは日本人が働いている場合が少ないらしい。

ブレーメン中央駅に下りて外に出ると、目に入ってきたのはTramと言う名の路面電車、物乞いする人、駅前なのに大人向けのお店(ニヤニヤ)となかなかの怪しさ。日本だと2000年ぐらいの日暮里辺りがこんな感じだったなと頭の中でイメージが被りました。

Hostelworld.comで予約したホステルは駅から1kmぐらい離れたところだったかな?昼間なのに人通りが少ない路地を通り到着。

受付の人懐っこいおっさんが俺を見て、「ニーハオ」と挨拶してきました。アジア人の区別がつかないらしいから仕方ないと気にせず。日本人であることを伝えると、改めて「コンニシュワ!」と変な日本語で出迎えました。ま、俺もカタコト英語だし似たようなもんかと。

料金は前払いでVISAカードで決済しました。朝食も頼みました。シーツ代はレシートを確認すると料金の中に含まれていました。

宿泊手続きをして部屋の鍵を渡される前に、

「パスポートか運転免許証かIDカードを預かる」

と言われました。チェックアウト時に返却するとのこと。ただでさえ怪しいおっさんなのにパスポートは預けたくないと思ったので日本の運転免許証を預けました。

チェックインの手続きが終わって「アリガト!」と言われたので「ビッテ シェーン(ドイツ語でどういたしまして)」と返しました。

そして自転車を駐輪したい旨を伝えるとスロープで降りる地下の車用ガレージのシャッターから建物内に入れるように指示されて、シャッターの前で待っていると、開いておっさんが「コンニシュワ」。

自転車を見たおっさんは「まるで子供が乗る自転車みたいに小さいね」と。身長が170cmないおっさんが言うとなんだかなとも思いました。

ガレージから建物の中に案内され、二つぐらいドアを通り奥へ進み宿泊者用荷物置きの部屋と思われる場所へ到着。ドアには鍵がかけられ盗難防止ができているようでした。自転車をおいて(もちろんチェーンロックもかけて)宿泊部屋にようやく入れました。

宿泊の部屋は4人1部屋のドミトリーでこの日は私一人だけの宿泊でした。他の部屋には何人か止まっているようでした。

晩御飯を買いにまた駅方面へ。とりあえずスーパーがないかうろうろしました。観光になりそうな場所は駅そばの何故か鳥居のある公園と建物ぐらいかな?

ユーバーゼー博物館という名前で100年以上の歴史があるそうです。日本だけでなくオセアニア、アフリカ、アメリカの伝統工芸品を所蔵しているとのことですが、俺は入っていません。

なにやらお祭りの準備中でした。

我慢できず駅構内の屋台で売っていたホットドッグを食べました。ソーセージが20cm 近くあってパンが小さすぎ!食べ応えあって2ユーロですよ。安い!スーパーではカップヌードルを買いました。こっちは逆に小さいけど1.8ユーロだったかな?日本より確実に高い。

ブレーメン中央駅周辺は治安が悪そうなのでホステルにすぐ戻りました。ホステルのキッチンでお湯を沸かし、早速カップラーメンを食べました。

味は薄めです。そして麺が短いのが特徴的でした。

キッチンにはもう一人白人男性がノートPCで何やら作業をしているようでしたが、俺が麺をすする音を出した瞬間、動きが止まったのが分かりました。欧米ではラーメンやパスタの様な長い麺をすすって食べる習慣がないことを思い出しました。おそらく麺が短いのはすすることができない欧米人向けの作りだと思われます。

鼻水をすする音も嫌われるとも聞いたことがあります。

宿泊客が自由に使えるキッチン。冷蔵庫もあります。ただし入れた食べ物がなくなる可能性もあるのがホステルの常識です。

個人のものが置いてある棚がありました。「NOT FREE」と貼り紙してありました。置いているのは長期滞在者かな?

部屋に戻ると肌寒かったので窓をみると換気のためか開いていました。出かける前は気づかなかった。

斜めに開いている窓の作りも興味深いものがありますが、閉じようと日本の感覚でハンドルノブを水平にすると、
今度は横開きになり、初めてみた面白い二段階機構でした!

次の日以降も雨の日が続くようだったのでブレーメンからは一気にオランダ・アムステルダムへ行くと決めました。

以上です。

“"