トンガ王国での海底火山噴火/1000年に1度規模の凄まじい噴火が発生

トンガ王国のフンガ・トンガ島で大規模な火山噴火が発生

2022年1月15日日本時間13時10分南太平洋のトンガ共和国の島ホンガ・トンガ島の火山が噴火しました。

トンガ王国の国民の方々の安否が気がかりです。どうか被害ができるだけ小さなことをお祈りいたします。

日本では1月16日0時15分に気象庁から東北やトカラ列島に津波警報、太平洋沿岸部には津波注意報が発令されました。

当時の気象庁サイトでの津波警報・注意報発表状況のスクリーンショット
気象庁ひまわり8号観測データより

噴火直後の噴煙と思われる雲の動きをとらえた動画になります。

画像から解析できること

噴煙による雲の直径は500km程度とみられます。

範囲としては東京を中心とすると関東、東海、北陸、東北南部までが覆われるくらいの範囲となり、噴煙のトップの高度は気象庁発表によると約16,000m程度まで噴き上がったと見られるとのことです。

被害状況2022年1月18日時点

トンガ王国では高さ80センチ程度の津波が押し寄せたものの津波自体の被害はほぼないようですが、海底ケーブルやインフラに被害がある影響で通信障害が発生し現地の被害状況がなかなか入ってこないようです。

噴火した火山のあった島のフンガ・トンガ島はほぼ吹き飛び島の大半が消失したとニュースでは取り上げられています。

そのほかの島には火山灰が降り積り多いところでは60センチを超えて積もっているとのことです。

救援物資を届けようにも滑走路が火山灰で覆われ航空機の着陸ができないようです。

今後、詳細な被害は少しずつ明らかになってくるでしょう。

駐日トンガ王国大使館のTwitterアカウントに2022年1月18日の報道発表の内容がツイートされました。

以下はスクリーンショットになります。

駐日トンガ王国大使館のTwitterアカウントから引用https://twitter.com/TongaEmbTokyo

日本では漁船が転覆

気象庁が2022年1月16日未明の0時15分に津波警報・注意報を発令しました。

鹿児島県奄美大島には15日23:55に1m20cm、岩手県久慈港は16日2:26に1m10cmの津波を観測したとのことです。

農林水産省の発表では、高知、徳島、宮城で合計30隻の漁船が転覆したとのことです。

また牡蠣やワカメの養殖施設や小型定置網にも損傷が出ているとのことです。

参考:令和4年1月18日(火曜日)金子農林水産大臣記者会見概要

今後の噴火の影響

今回、フンガ・トンガ島火山の爆発は1000年に1度の規模と見られ、大量の火山灰が大気中に放出されました。影響はまだまだ未知と言えますが、専門家からは火山灰により地表面に届く日射が減ることで農作物への影響から食料へ、また太陽光発電への影響も考えられます。

南太平洋で起きた火山噴火ですが津波は日本にもやってきました。

津波警報・注意報が発令されたらできるだけ速やかな避難をしましょう。

避難時、そして避難後のサバイバルについて触れたブログ記事のリンクを貼っておきますので参考にお読み下さい。

令和元年(2019年)台風15号(ファクサイ)の被害から改めて防災士として考えるサバイバルテクニック

デマや根拠に乏しい不確実な情報に注意を

「破局噴火」は小説内の造語

この度の噴火の規模の大きさは間違いなく凄まじいものですが、Twitterのトレンドで「破局噴火」という文字が伸びていました。

私はこの「破局噴火」という言葉を初めて見ました。気象観測の現場では聞いたことがありませんし防災士の講習でも聞いたことがなかったからです。定義もわからないこの言葉について調べてみました。

当然気象庁や政府で定義されておらず用いられてはいません。学術的用語でもありません。何かの論文にも示されていません。

わかったのは「死都日本」という小説で書かれた言葉とのことでした。

「破局噴火」の言葉を強調するように呟いていたアカウントは以前から気象災害などで人々の不安を煽るツイートを繰り返す人たちでした。これらのアカウントは専門知識・経験を持ち合わせていません。

何も知らない一般の方々の不安を煽りたいのか注目されたい意識が強い人でしょうが、こういったデマや不安を煽る情報に惑わされないよう気をつけたいものです。

以上です。

パイロットの視力検査について解説/現代のパイロットの基準視力0.1です

大幅に緩和されているパイロットの視力基準

自衛隊の広報官として海自・空自航空学生の説明をするとほとんどの保護者の方から「目が良くないとなれませんよね?」と言われていました。

確かに20年以上前は裸眼視力が1.0程度ないと一般のパイロットにもなれなかったと記憶しています。

しかし実は2022年現在の航空学生の視力基準は0.1となっています。

これは航空機に搭載されている機械の発達の恩恵が大きいようです。ですのでメガネをかけたパイロットが意外と多く見かけられます。

続きを読む “パイロットの視力検査について解説/現代のパイロットの基準視力0.1です”

2021〜2022年の冬シーズンに備えたい大雪対策グッズ/ラニーニャ現象で寒い冬になるかも

2021年から2022年にかけての冬は東日本から西の地方はラニーニャ現象の影響で例年より気温が低くなる傾向があると気象庁が発表しました。

つまり、大雪の可能性があるということですね。

そこで過去の事例を見ながら防災士として寒さ、大雪の対策を解説したいと思います。

ラニーニャ現象について

まずは簡単にラニーニャ現象について解説します。

南米大陸からオセアニアにかけての赤道付近の海水温が低くなる現象です。反対に同海域が高くなる現象はエルニーニョ現象です。

エルニーニョ現象発生時の日本の冬の気候傾向

気象庁ホームページのスクショを貼っておきます。

出典:気象庁「ラニーニャ現象発生時の日本の天候の特徴」

12月〜2月は気温については東日本から沖縄奄美にかけて低い傾向があるようです。

そして降水量については北日本の太平洋側と東日本から西日本の太平洋側で多くなる傾向があるようです。

過去のラニーニャ現象による大雪の事例

過去30年の冬季にラニーニャ現象が発生した年を上げていくと

続きを読む “2021〜2022年の冬シーズンに備えたい大雪対策グッズ/ラニーニャ現象で寒い冬になるかも”