自衛官採用の話・今17歳〜32歳で就職か進学か悩んでいる方へ/自衛官になるには

私、よしっさは、海上自衛官勤務時に広報官という自衛隊の入隊試験を受けてみたい高校生や大学生、社会人など対応や実際に入隊した人たちのサポートをする業務に携わった事があります。

普通の企業であれば採用人事的な仕事です。

そんな私が自衛官の採用の窓口として一般の方に説明するように、自衛隊・自衛官に対してよくある質問などについて説明したいと思います。

自衛官について

特別職国家公務員です。

日本国・日本国民の命と財産を守る人材です。

警察との違いは、警察組織は基本的には日本国内の治安維持のため悪い人を捕まえたりしますが、自衛隊・自衛官は国外から警察では対応できないくらいの武力対して政府の命令を元に対応します。

続きを読む “自衛官採用の話・今17歳〜32歳で就職か進学か悩んでいる方へ/自衛官になるには”

非通知でかかってくるアンケートをうたう怪しい調査会社について/もしかしたら詐欺の電話かも?

非通知で電話がかかってきた。

2021年6月28日午後8時半ごろのことです。

「(?????よく聞き取れなかった)調査センターの衆院解散総選挙に関するアンケート」

と自動音声が流れ始めました。

そしてすぐに

「お住まいの地域の郵便番号、7桁を入力してください」

と案内の音声メッセージが流れました。

あれ?これアンケートなのにおかしいわ…

瞬間的に思いました。

そして郵便番号の最初の3桁を打ち込んで、続けるかどうか10秒程度迷っていたら

「これでアンケートを終了いたします。ありがとうございました。」

と音声が流れ一方的に通話が切れました。

疑いが確信に変わりました。

続きを読む “非通知でかかってくるアンケートをうたう怪しい調査会社について/もしかしたら詐欺の電話かも?”

線状降水帯の情報とは?気象庁「顕著な大雨に関する情報」等の提供による強い雨エリアの新しい呼びかけ

2021年6月17日から気象庁は、「顕著な大雨に関する情報」等の提供を開始すると発表していますが、その情報の中で

「雨雲の動き」において線状降水帯の雨域を囲む楕円表示について、同日13 時より開始いたします。

とされています。

線状降水帯って何?

線状降水帯に特に注目されるようになったのは、昨年2021年(令和2年)7月4日、九州の熊本県球磨川の洪水発生の原因のほか、何度も洪水や土砂災害の要因にもなっているからです。ß

気象庁の資料をお借りしますが

災害をもたらした気象事例 令和2年8月11日 気象庁 より

気象庁発表の「災害をもたらした気象事例 令和2年8月11日」における11ページの危険度分布の図を見ると特徴が顕著に見られます。

続きを読む “線状降水帯の情報とは?気象庁「顕著な大雨に関する情報」等の提供による強い雨エリアの新しい呼びかけ”