ヨーロッパ旅行10月26日(フランス7日目)<過去記事>

(2020年2月11日修正)

2016年9月28日から11月3日までデンマークの首都コペンハーゲンを皮切りにドイツ、オランダ、ベルギー、フランスを旅行してきました。見れなくなってしまった方のブログ『よしっさ』に書いていましたが、内容を充実させて随時アップしています。

キティーちゃんデザインのバイクヘルメット。キティちゃんはフランスでも人気なようです。

ホテルの1階にあるカフェへコーヒーを飲みにスクーターで来ていた地元っぽい40代ぐらいの女性のヘルメットを撮影しました。

この日は、7時ぐらいに目が覚めたけど、相変わらず外は夜が明けておらず、真っ暗で時計を何度も見返しました。

頭では分かっているけど感覚がまだ対応してない妙な感じです。日本だと10月なら6時ぐらいに日の出かな?でもフランスは日の出が8:30ぐらいです。はやくサーフィンしたいけど夜明けまでまだまだなので先にホテルの朝食をとりました。

広告

海外航空券+ホテルがお得!<エアトリ> “"

ホテルの朝食とは言ってもホステルと大差ないかも…。まぁ格安で泊まれたから良いか。パンとチーズとジャムの種類は豊富でした。それ以外にもジュース、シリアル、サラダも充実しています。食事が終わる頃には、ようやく空が明るくなって来ました。

ホテルから近いサーフポイントのGrande Plageへ。
ほぼ無風、霧がかかってやや視界悪く、波のサイズは腹ぐらい。波は干潮時刻を過ぎたぐらい。
前日から引き続き行われているサーフィンコンテストが既に始まっているけど、フリーサーフィンをしている人もいたので遊べそう。

前日に確認した、海から歩いて5分も離れていないサーフボードやウェットスーツをレンタルできるサーフショップへ。

サーフショップ「PLUMS」。
レンタル、サーフィンスクールも手がけているお店のようです。
店長さんみたいな人に片言の英語でサーフボードとウェットスーツをレンタルしたいと伝えると借りる時間の確認がありました。

広告

【えっ?】たった35日で私の子供が英語を話した!←超話題!

「フリ−サーフィンはコンテストエリアの両サイドならできるからね」とアドバイスをもらい近場でできることに一安心しました。
サーフボードとウェットスーツを4時間借りて26ユーロを現金で払いましたがVISAかMASTERCARDでの支払いもできます。

サーフボードとウェットスーツ両方借りた場合のレンタル料金

  • 2時間/14ユーロ
  • 半日(4時間)/26ユーロ
  • 1日/39ユーロ
  • 3日/109ユーロ

着替えはお店の中の試着室みたいなところで良いよと言われましたが、かなりテキトー感があります。服と貴重品はお店で預かってもらえるとのことなのでお願いました。後から思えばホテルに貴重品を置いてくれば良いだけなのでちょっと不用心に思いました。

ロングボード(長さ3m前後)もファンボード(長さ2m程度)も同料金でレンタルできるようでした。スクールを受けたいとなると別の料金設定になり確か5000円程度だったかな?

ヨーロッパの夏は、太陽の出ている時間が長いので夜10時くらいまでサーフィンできるとのことです。でもサーフショップは夜7時には閉まるので夏場なら数日分レンタルした方が良いかも。波が良くなるのも夜7時以降とのこと。

いざ初海外サーフ!!(ここからはサーフィン話なので画像なしです。)

水温は18℃、朝方の気温が15℃程度なので少しだけ温かく感じましたが、10月の鳥取よりも冷たい!波のサイズは腹ぐらいとはいえ、外洋特有の波で、ショルダーは広いし乗れる距離も長い。レンタルした6フィートのNSPのボードは浮力があるのでテイク・オフは楽でした。

参考:NSPのサーフボード(楽天広告)


朝一はサーファーが5、6人と少なく楽しめたけど、11時くらいになると20人近くまで増え、波の数に対し人が多く、サーファー同士がぶつかりそうな場面もちらほら見られました。かく言う私も、波に巻かれた拍子にフィンで左手首内側を少し切ってしまい、血も止まる気配もないし用心のため2時間で上がりました。ま、波もイマイチだしね!(負け惜しみ)

砂浜にシャワーがあったので体とサーフボードの海水を洗い流してからサーフショップに戻りました。海上がりで水が滴っているのでお店に入るのを戸惑いましが、店員さんは濡れたサーファーが店の中に入るのは気にしない様子で、私も気楽でした。

お店のサーフィンスクール参加者たちがスクールが終わり、濡れたままでお店の中で雑談をしていました。脱いだウェットスーツに関しては、店の外にある水を張ったバケツで自分で洗って返却してと言われた点は驚きました。お店で手入れしないのか〜。レンタル道具を返して、貴重品を受け取りホテルへもどりました。

お昼は、近場のスーパーでいつもの惣菜ものを買って食べました。冷えた体を温水シャワーで温めて、ベッドに横になると一気に眠気が襲ってきて、気がついたら夕方になっていました。

お昼がヘルシー過ぎたので晩御飯はさすがに外食しようと歩いて回って見ました。
どこのレストランも多くのお客さんで賑わっていました。とりあえず活気のあるお店に入りました。
フランスと言えばワインでしょ!と迷わず赤ワインを注文。あとは豚の焼いたやつ。

注文したワインは3ユーロで、個人的には酸味が強すぎと感じ、ただでさえアルコールの弱いので、ちょっと飲んでギブアップ。
豚肉料理は、もも肉は表面がいい感じでパリパリに炙られ、中身はそこそこ柔らかくワインにぴったり。あばらも同様に美味しかった。でも脂身みたいなやつは味が濃すぎてギブアップ。ビールに向いてるかも。
サラダやポテトもかなりのボリュームで食い切れないと思ったけど、人間って面白いですよね、目の前をナイスバデーなウェイトレスさんが通る度に食欲が増すのが分かるんです。

全部で23ユーロ、支払いは現金で。ボリュームから考えると2500円程度はお得と感じました。日本なら倍近くするだろうな。お腹ぱんぱん、肉喰って筋肉疲労も回復するはず!と満足感に包まれ、この日は終了しました。

以上です。