<過去記事>ダイエットに向いてるエアースクワット・スクワット15回と腹筋運動500回の効果が同じだよ

エアー スクワット(The Airsquat)
https://youtu.be/C_VtOYc6j5c(出典:CrossFit®︎ You tube動画)

筋トレについて、特にダイエット目的で効果が大きいと個人的に感じるエアースクワットを紹介します。

スクワットの効果は、スクワット15回と腹筋運動500回の効果が同程度という研究結果が発表されてますし、ネットで検索すればヒットするかと思います。

え、まじで?と言われますがこの記事を書いている2017年よりも3年ぐらい前から私は聞いていました。

個人的にはこの動画のやり方が良いと思ったので貼りました。

やり方のポイントは7つ

  1. 脚幅をお尻の幅程度に開く
  2. つま先はやや外向き
  3. 腕は地面よりもやや斜め上向き
  4. 膝をつま先と同じ方向に出す
  5. 膝は、つま先より前に出ないイメージで踵を浮かさない様に
  6. お尻を後ろに突き出す様に
  7. 腿がなるべく水平になる様に膝を曲げる(無理矢理下ろさず下がるところまで)

以上7つのポイントを意識して、1日10回程度で効果あるんじゃないかな。
すぐに効果が出るとは言えませんが、筋トレ初心者やダイエット目的の方に聞かれたら勧めています。

「でも、足が太くなるんでしょ?いやだー」

そう言われる方はとても多いです。

はっきり言って、重りを持たない状態なら目に見えて足が太くなることはまずありえません。なるとしたらそれは元々足以外の場所の筋肉がついていないと思います。

よくやりがちなのが、腹筋を割るためやお腹の脂肪を減らしたいとダイエットのために行う腹筋運動です。上半身を起こすのに使う筋肉は、腹筋の正面にあたる腹直筋ぐらいでかなり狭い範囲の筋肉です。

それに「目立つお腹の脂肪」とはいっても、身体のエネルギー源なので、できるだけ全身の広範囲の筋肉を使うことによって消費スピードは早まります。

そして腹直筋に比べたら腿の筋肉は大きいです。

しかもエアースクワットは、腿だけでなく腹筋、お尻、背筋を使い、広範囲の筋肉が使用され、当然消費カロリーも上がるので、ウェイトを用いなくても大きなダイエット効果が期待できます。

そして、ウェイトを持ってスクワットをすれば効果は更に高まります。

体重と同じくらいのウェイトを持って10回4セットを毎日やるようにならないと太くならないと個人的には思っています。

食事量や体質によってはこれでも太くならないかもしれません。

頻繁にジムで見かける人たちで80kgぐらいのスクワットをやっている人がいますが、それでもスリムに見えます。明らかに太い脚と見られるのは100kgを扱っている人たちに感じます。

私は、アップだけなら40kgで十分と思って脚のトレーニングの日じゃなければ高重量は扱いません。

他にもやっているスクワットの種類はいくつもありますので、機会あれば書いていきたいと思います。

以上です。