自衛隊にゴリゴリマッチョは、ほとんどいない/細マッチョが多い自衛官

「自衛隊はマッチョ多そう」

退職しても、この手の事はよく言われるし広報官時代も学生からよく聞かれました。

私自身は、ゴリゴリではないけど自衛官的にも比較的マッチョな方だったと思います。

逆に言えば現役自衛官は細マッチョな体格が7割ぐらいだった印象かも。それも陸・海・空それぞれでまた細マッチョ割合は全くと言っていいぐらい変わります。

自衛隊には細マッチョが多い

プロテインを飲む隊員は少なくない印象ですが、それでもごりごりに筋肉がついている人は少ないですね。

広報官勤務時代の陸海空のさまざな部隊に訪れた経験上でお話します。

陸自は細マッチョ率が一番多い

まず陸自ついて、8割が細マッチョ。ゴリマッチョは1割いないぐらい。あと1割余りは一般の方と変わらないか肥満気味か。体を動かす仕事が多いとは言え高重量を扱う事はそこまで多くないことと長距離・長時間活動することが多いためか重たく動きづらい筋肉を付ける人は見られません。だいたい引き締まっています。

海自は艦艇勤務で体を動かさないから…

細マッチョは5割ぐらい、一般の方と変わらない細身が2割あまり、肥満気味が2割、1割以下にゴリマッチョな感じ。艦艇勤務では運動不足気味となり肥満割合が増えます。

空自はバランスが良い

細マッチョは6割、一般の方と変わらない細身が3割あまり、肥満気味が1割弱ぐらいで、残りがゴリマッチョな感じです。

空自は航空機に関わる整備など技術職が多く体力勝負的な消防や一部の職以外は一般の方と大差ないかも。

高校生のやり込んでいるスポーツ系部活よりも筋力ないかもとも思うことがよくありました。個人的にはサーファーと比べて筋肉がついていない自衛官多いなーと感じていました。

職種によってはゴリゴリクラスのマッチョがいる

陸自空挺レンジャー、海自特別警備隊員ダイバー、空自特殊救難などのスペシャルフォースのエキスパート職種では高い身体能力が求められるのでゴリゴリに筋肉がついている人が多いですが、いわゆるマッチョと違い任務遂行に必要な筋肉づくりをするので身体の動きが悪くなる筋肉の付け方はしません。

一番発達が目立つ筋肉は腹筋背筋を含む体幹の筋肉です。

イメージとしては30kgの装備を身につけて数キロを走り、任務が行える体力です。

自衛隊の中にも数が少ない体力重視の警備、消防(海空のみ。自衛隊にも消防職があります)職種の隊員は任務の性質上筋トレを積極的に行なっています。

一般隊員は仕事が終わった後で筋トレをしています

スペシャルフォース以外は機械化自動化が進んでいたり、デスクワークが多いので一般の方が思っているよりも体力面はさほど重要視されていない事もあり、女性隊員と男性隊員との能力差があまり出ません。

こいう事情もあり、マッチョボディを目指す隊員は仕事が終わった後で、ワークアウトとして筋トレを行います。

幸いなのは、自主的な筋トレは推奨されているので駐屯地内、大きな艦艇内、基地内等には小さな規模ですがランニングマシンやウェイトなどの筋トレアイテムが備わったジム的な場所があるので、無料でワークアウトに打ち込めます。

自分の時間で鍛えるとカロリー消費も多くなるので必然とプロテインなどサプリメントを摂り、さらに筋肉を大きくすることになります。

私は出張で様々な陸自駐屯地空自基地に行ったときはそういったトレーニングルームがある場所を確実に掌握して、デスクワークでのストレス解消に筋トレをしていました。

一般隊員の体力の目安

広報官時代に高校生など若い子たちにどれぐらいの体力があれば良いのかと質問された時も「2分間で腕立て40回、腹筋(上半身を起こす方法)も40回、懸垂はできるなら10回だけど最低3回できれば良いよ。それ以上に5km以上または30分以上のランニングを週1程度」と答えていました。

実際、ほとんどの隊員は運動部での経験がなくても入隊直後の教育で体力・筋力が身についています。

参考にこちらのブログ記事を貼っておきますので、体力の基準に興味をもたれたら読んでみてください

自衛隊入隊前に身につけておきたい基礎体力

必要以上の筋トレは評価されない

自衛官は体力検定体力測定が少なくても年に1回実施されます。そこで一定以上の体力があれば評価されますが、それ以上は求められていません。

このため、ある程度高い水準を維持していた私は筋トレしていましたが同僚たちからは「なんで筋トレやってんの?」と頻繁に言われました。

それぐらい筋トレを積極的にやる隊員は限られています。

そもそもデスクワーク主体のお天気屋さんには筋肉が必要ない職場でした。デスクワークメインの職種は他にも陸海空問わずにあります。同様に体力はあまり必要なしです。

結論:健康大事

以上です。