仕事を辞めて一年

地元、青谷海岸で初心者向けSUP体験の手伝いをしました。海が綺麗で海底の砂模様がはっきり見えます。

海上自衛隊を退職して一年が過ぎました。

毎日、特に追われる生活でも無く、北朝鮮の動向はニュースで見て関心を持ちますが、詳しい情報が入ってくるわけでもないので行動や準備がと考える事もありません。

海上自衛隊を辞めて良かったかと言われると、個人としては良かったと思いますが、現在働いている海上自衛官が辞めた方が良いとは思いません。

現職時代は、若い部下を持つ事もありました。辞めたいと相談してくる隊員もいました。

「何かやりたい事が有れば、退職した方が良い。けど、今の職場や人間関係が嫌で辞めると言うなら考え直した方が良いよ。それだと、どの仕事に就職しても同じことの繰り返しになる。せめて就職先や専門学校に入るとか目処を付けといたら」

と、常々言っていました。現に不満が有って退職した人は、次の仕事も長続きしない傾向がある事を聞いていました。

少なくとも2017年現在は、どの業界も人手不足で職を選ばなければ中途採用でも直ぐに就職できる社会ですが、10年ほど前はまだまだ中途採用は厳しい時代でした。

俺の場合は、以前の職場に不満が有ったと言えばありましたが、それだけなら転勤した勤務地を変えれば済むだけです。実家の修繕と地元でやれる面白そうな事業が見つかりそうだった事など色々あるので退職に踏み切りました。ブログを書きたいのもその理由の1つです。現役の自衛官だとブログどころかtwitterやfacebookなどのSNSが情報保全の関係で制限されます。

今は、地元でできる事業の準備段階に入りました。まだまだ案件の段階ですが徐々に進めているところです。

良い結果になるかは分かりませんが、やりたいことをやるだけです。

✳︎

自衛官を目指す若い方がこのブログを見られているなら、是非チャレンジして欲しいと思います。自衛官として得られる経験知識は他の職種に劣る事はありません。ものにもよりますが洗練された教育訓練を受けられます。この教育スタイルの内、座学やチームワーク面が小学生ぐらいから導入されれば教師は楽だろうし、生徒の能力を伸ばすに大きな影響があるとも思います。

✳︎

旅からも一年経ち、また出たい衝動にもかられます。

だらだら書きましたが以上です。