ヨーロッパ旅行10月19日(ベルギー3日目)/ブラジル人サイクルツーリストとの出会い

(2020年2月9日修正)

2016年9月28日から11月3日までデンマークの首都コペンハーゲンを皮切りにドイツ、オランダ、ベルギー、フランスを旅行してきました。見れなくなってしまった方のブログ『よしっさ』に書いていましたが、内容を充実させて随時アップしています。

ブリュッセル3日目の朝は、前日ホステルに宿泊し仲良くなったブラジル人サイクルツーリストのラファエルさんが出発という事で見送ることにしました。自転車置き場からラファエルさんが出てきて「君の自転車はSurlyのヤツ?!Amazing!良い自転車じゃないか!」自転車ベタ褒めのラファエルさん。照れました笑

ラファエルさんの自転車は前後ともシングルギアでピストというブレーキがついていないタイプの自転車です。

これだけの荷物を載せていて1日で100km以上走るそうです。彼曰く「Easy!」。

シングルギアで自転車旅をし、しかもそこまで疲れないとか。

職業はメッセンジャーをしているとは言ってました。

ちなみに寝袋以外のテントなどのキャンプ道具は持っていないとのことでした。

お互いのカメラで自撮りしてまた会えたら良いね、良い旅をと別れの挨拶をしました。

まさかこの後でも出会うとは、この時はつゆとも思いませんでしたよ。

ラファエロさんはブラジル人で母国語がポルトガル語なのに、ホステルの受付とのやりとりはおそらくオランダ語(ベルギーのブリュッセルはオランダ語とフランス語が通じます。)、そして俺とのやりとりは英語と多言語を使ってました。驚きです。

【えっ?】たった35日で私の子供が英語を話した!←超話題!

前回のブログで書いていない分の前日の観光話を追加します。

画像は植物園の建物で中に入るのは有料でした。

すぐ側に大きな公園の中に植物園がありました。

ベンチもたくさんある綺麗な公園です。もちろん公園だけなら無料です。

気になったお店紹介

「Superdry」というアパラレルショップです。オランダのアムステルダムやロッテルダムでもみかけました。

極度乾燥(しなさい)という違和感のある日本語だったのでどこのメーカーだよと調べるとイギリスだそうです。街中でもけっこう着ている人を見かけました。以外と人気があるようです。

日本ではアサヒビールのスーパードライとの商標関係で販売や取り扱いが基本的にはできないそうです。

こちらはヴィーガン向けのカフェのようです。

ヴィーガンというのは、基本は肉類、乳製品を取らないようにし野菜中心の食事をするようですが、ベジタリアンとは違い成分から動物性のものを取らないようにする食物に対する考え方を持ち実践している人たちです。

日本でも少しづつ増えているようだし都会ではヴィーガン向けの商品を扱うスーパーなども出ているとのこと。

なにやらのモニュメントです。

スーパーで売っていたプレーンのワッフルです。砂糖を使っているので甘いですが香ばしい薫りが漂い美味しいかった。お値段は1ユーロでした。観光地で食べたワッフルはお値段高めでしたね。

ホステルに戻り晩酌に前日とは違うチェリーテイストビールを飲みました。

こちらも味以外は苦味も炭酸ガスもほとんどなく、でもアルコール度数4.5%とちょい高めでした。これまたスイスイ飲めたので良かった!

翌日は雨が降らなければ、ラファエルさんを見習って自転車でフランスのリールへ向かって走ってみようと思いつつ早めにベッドへ潜り込みました。

以上です。

エアトリ広告