非通知でかかってくるアンケートをうたう怪しい調査会社について/もしかしたら詐欺の電話かも?

非通知で電話がかかってきた。

2021年6月28日午後8時半ごろのことです。

「(?????よく聞き取れなかった)調査センターの衆院解散総選挙に関するアンケートです。〜」

と自動音声が流れ始めました。

そしてすぐに

「お住まいの地域の郵便番号、7桁を入力してください」

と案内の音声メッセージが流れました。

あれ?これアンケートなのに、おかしいわ…

瞬間的に直感が働きました。

そして郵便番号の最初の3桁を打ち込んで、続けるかどうか10秒程度迷っていたら

「これでアンケートを終了いたします。ありがとうございました。」

と音声が流れ一方的に通話が切れました。

疑いが確信に変わりました。

この経験からみなさんに情報や知識をシェアできたらと思い書いていきます。

アンケートのルール

基本的にアンケートは性別・年代ぐらいしか聞けない

私、よしっさは自衛隊のPR広報やイベント関連の運営にも携わっていた中で、目的の一つとしてアンケートを実施する側だったので、アンケートの守らなければならない規則の教育を受けています。

住んでいる場所を絞り込めたり特定できる個人情報の取得は、個人情報保護やプライバシーの侵害になりかねないので本人の了承を得なければいけないことになっています。

個人情報取得に関するルール

仮に住所、年齢、氏名など細かく聞くことになるならアンケートをする前に

取得した個人情報については〇〇の目的以外に使用致しません。用済み後は速やかに破棄致します

のような説明メッセージを流すとか、書類やWEB上であれば目立つところに表示するようにしなければなりません。

個人情報の取扱いは企業、官公庁であればコンプライアンス(遵法精神・倫理規程など)に関わり信用問題につながるので非常にセンシティブな扱いとなります。

例:正確な個人情報取扱い同意書に明示しなければならない事項

  • 利用目的
  • 第三者提供
  • 開示請求

上記について示した同意書に対象者から同意をとって署名などをしてもらい、保管しておかなければ訴訟の際に問題となります。

このような同意書については、ほとんどの方は何かしらローンだったりスマホのなど個人情報がないと契約できない買い物の際に確実に署名しているはずです。

Q&A個人情報取扱実務全書─基礎知識から利活用・トラブル対応まで

通常の電話アンケート等の案内の場合

入力が途中の状況で短時間での一方的な終了はあり得ません。

企業の音声案内であれば入力が終わるまで数十秒間隔で入力を促す同じ音声を流し続けます。また音声には

「ご協力をご希望されない方はこのまま電話をお切りください」

のような一言が含まれます。

詐欺電話と仮定してみる

ある程度の住所だけでなく、勤務、通学状況を聞き出すような流れから、銀行口座番号やクレジットカード番号を入力させるようにしたり、生年月日を聞き出しすなどする可能性があります。

ある調査では銀行口座やクレジットカードの暗証番号を生年月日で使い回す人がかなり多いとされています。

従って生年月日を入力させるようでしたら非常に危険な詐欺に関係していると考えられます。

他方で自宅にいるかどうかの時間帯の情報取得をして空き巣を目的とする可能性が十分考えられます。

なぜ自分の電話にかかってきたのか

アンケートを装ってランダムに電話をかけているように思えますが、名簿屋のようなところから何かしらの高額商品購入者(私は該当しないはずだけど…?)個人情報リストを手に入れて電話をかけている可能性も考えられます。

勝手に電話が切れた理由を推測

他の自動音声案内電話は選択がなければ繰り返し同じ音声が流れ一方的に切れることはありません。

一方的に電話を切る理由は、電話代がかかるからでしょう。

よくニュース等で聞かれるテレビ局が使う「RDD」と言うランダムな電話番号にかけて大規模な世論調査などのアンケートを行う手法だと数千万円の費用がかかると聞いたことがあります。

RDDについての参考:株式会社日経リサーチ「調査の方法」

まとめ:高齢者などターゲットを絞って電話をかけていると考えられる

推測の域を出ませんが、「衆議院解散総選挙」という政治的なことに関心を持っているのはある一定年代以上ではないかなと思います。

似たようなキーワードは「自民党総裁選挙に関するアンケート」、「自民党総裁選挙立候補者の印象アンケート」、「次の自民党役員人事の予想に関するアンケート」、「新しい閣僚人事に関するアンケート」などが挙がるでしょう。

そして非通知でも電話をとってしまうのはナンバーディスプレイ機能が付いていない電話器の家か警戒心が薄い高齢者と考えられます。

高齢者はほぼある程度の資産を持っているため狙われやすいと言えます。

この記事を読まれているようなインターネットが使え、ある程度詐欺情報に敏感な方は問題ないかと思いますが、高齢の親御さんやおじいさん、おばあさんなど高齢者だけのお家だと何も警戒せず郵便番号を打ち込んだりするのではないかと不安が過ります。

もし、その様な離れたところに住む両親、祖父母が詐欺のターゲットにされないようにするために家の電話をチェックしてナンバーディスプレイでない電話機は早めにナンバーディスプレイのものに替えて非通知なら電話に出ないようアドバイスをしてあげたり機械の設定が苦手なご家族なら着信拒否の設定をしてあげましょう。

パナソニック コードレス電話機(子機1台付き) ホワイト VE-GE10DL

防災士としては、こういったことの対策についても考えるところかなと思い一先ず情報を皆さんとシェアするためにもブログに書いてみました。

非通知で「アンケート調査」をうたう電話に出てしまったらすぐに切りましょう。

もし郵便番号を打ち込んだり、その後の質問等を答えてしまったら、慌てずにお住まいの市役所、町役場等の自治体に相談してみましょう。

もし実害が出たり出そうな確かな証拠があれば警察または弁護士さんに相談しましょう。

あなたにピッタリの法律の専門家を無料でご案内します!

以前に書いた佐川急便を装った詐欺ショートメッセージについてもブログを書いていますのでよかったら参考にどうぞ

佐川急便を装ったSMS(ショートメール)が来たのでリンクを踏んでみた/危険なのでマネしないでね

以上です。