海外旅行損害保険で自転車の修理費用を請求をしてみた話<過去記事>

ヨーロッパの旅から帰ってきたときに、一緒に持って帰って来た自転車のフロントフォークが、輸送の際に歪んでしまったのでクレジットカードの海外旅行損害補償手続きをやってみるお話です。

自転車の状況

本来、同じ位置にならないといけないフロントフォークが歪んでします。タイヤも入らないぐらい。

部屋が散らかっていてすんません。

修理費用の保険金請求の為アメックスさんに電話

クレジットカード会社のサービスの中には、航空機等で輸送中の預け荷物が損傷したり、宅配便での配送で損傷した場合に適用される損害・傷害保険があります。

持っているクレジット会社や、カードの種類によって違うようで、私が請求できたのがアメックスさんだけでした。
アメックスさんとのやりとりでは、保険の支払い手続き等について航空チケットをアメックスの決済で購入しているか等いくつか確認がありました。

そして損害保険ジャパン日本興亜さんから書類が届くと伝えられ電話は終了。

数日後、届いた書類の請求書

記入する項目には蛍光ペンでマーキングしてあり判り易くしてありました。優しい担当者さんです!
住所や連絡先、保険を支払うことになった場合の口座番号等は見たままですが、細かな所というか必要なものがいくつか

  • 日本を出入国したことを証明できるもの(航空機のチケット等)
  • アメックスさんでチケットを購入したことがわかるもの(ネット予約なので購入後に送られて来た確認メール)
  • 自転車フロントフォークの修理費用など証明できるもの(自転車屋さんに発行してもらいました)
  • 実際の損傷状況のわかる画像

などを本紙または、プリントアウトかコピーで準備して同封の返信用封筒に入れて返送しました。損傷状況の画像についてはメールでの対応も可能とのことでしたが、あえてプリントアウトしたものにしました。

数日して、保険会社の担当者さんから電話があり、再度状況の確認。
結果として修理費用の支払い可能と判断されました。よかったー。
金額は大したものでは無かったんですが、ブログのネタになりそうなのでやってみました。

❇︎

知り合いから、クレカの保険とは別に子供の学資保険の特約に似たような損害保険があるそうです。詳細は聞いてませんが調べたら確かにありました。

海外旅行で預け荷物が手荒く扱われて壊れる話はよく聞いていましたが、まさか頑丈なクロモリ製フロントフォークが歪むなんて思いませんでした。どんだけの力が長時間にわたって加え続けられたんだよと。

修理の終わったフロントフォークは組み立てて調整兼ねて走ってみたら問題なく使えました。

以上でっす。

広告:エアトリ