快適なPC環境へ/おすすめノートPC用アクセサリ2024年版

目次

大幅にスペックが向上したノートPCの登場

2020年AppleM1チップ、2023年インテル13世代プロセッサーやコアウルトラ等CPUの登場でPCの性能が格段に上がりました。

また記憶用ストレージがSSD搭載によってHDD以上のスピーディーな読み込み、書き込み速度の向上によっても家庭用レベル、通常の事務処理レベルでのノートPC性能は格安モデルでも十分なレベルに達していると個人的には思います。

そこで、更なる快適なPC作業をするのにおすすめのアクセサリーを紹介したいと思います。

特に新卒で春に入社しお給料が出たばかりだったり、7月のボーナスに合わせて環境を整えたい方の参考になると思いますので最後まで読んでみてください。

トラックボール

普通のマウスに比べ腕の疲労が軽減され姿勢が楽になり肩こり予防につながります。

Amazon広告

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 MX ERGO Unifying Bluetooth 8ボタン 高速充電式 MXTB1s windows mac iPad OS 対応 ブラック 国内正規品 2年間無償保証

トラックボールは高額なものが多く、人によっては操作感はマウスが良いとなります。

もしマウスにするならボタンが3つ以上あって機能を設定できるものが便利でしょう。

Amazon広告

エレコム マウス ワイヤレスマウス EX-G Bluetooth 静音 Mサイズ 5ボタン マルチペアリング 「AskDoctors評価サービス」認証 抗菌 ブラック M-XGM30BBSKABK

多数のボタンに例えばコピーやペースト、やり直しなどの機能を割り振れば、よくある2~3ボタンしかないマウスにおける右クリック→コピー(カット)選択→決定というような動作回数が減ります。1度の作業なら大したことはありませんが、毎日の仕事で数百回以上行っている作業が半分になると考えると大幅な時間短縮につながります。

Amazon広告

【Amazon.co.jp限定】ロジクール MX KEYS mini KX700GRd ミニマリスト ワイヤレス イルミネイテッド キーボード グラファイト 充電式 Bluetooth Logi Bolt Unifying非対応 USB-C-A 日本語配列 無線 KX700 国内正規品

ロジクール MX KEYS S ワイヤレス キーボード KX800sGR Bluetooth Logi Bolt Unifying非対応 Smart Actions 対応 Windows Mac Chrome Android FLOW Easy-Switch 無線 薄型 充電式 グラファイト 国内正規品

日本で売られているノートPCに備わっているキーボードは右側にテンキーがついているものが多かったりしますが、この配置により文字打ち用のキーボードが画面中央より左によってしまい、体が不自然な傾きとなり疲労しやすくなっていると考えられます。

外付けキーボードを用いればその不自然な配置キーボードに縛られることがなくなり疲労が軽減するでしょう。

ノートPCスタンド

Amazon広告

エレコム ノートPCスタンド 折りたたみ 8段階 9.5cm高さアップ脚 スマホスタンド付 ~15.6インチノートPC対応 折りたたみ時サイズ:幅280×奥行280×高さ26mm 耐荷重:10kg ブラック PCA-LTSH8BK

ノートPCは机の上にそのまま置くとディスプレイがどうしても目線よりかなり下になり、猫背気味になってしまいます。外付けのマウスとキーボードが既にあるなら、スタンドを使ってディスプレイの位置を上げ、なるべく背筋が伸びやすい高さまで上げることによってさらに疲労が軽減されます。

他に、ノートPCが浮き上がる事で机のスペースが広がりより使いやすい環境へと変化します。

ここからはさらに快適なPC環境の構築アイテムとなります。

大きな画面の外付けディスプレイを使ってマルチディスプレイ環境を作る

ノートPCの画面というと大きくて16インチ前後でしょうが、机のスペースに余裕があれば21~24インチの外付けディスプレイをメイン、ノートのディスプレイをサブにしてマルチディスプレイ作業を行うことをお勧めします。

展開するウィンドウの数を2つ以上にすれば、1画面のみの時と違いタブの切り替えやワード、エクセル等の複数のウインドウをいちいちクリックしないと見られないというような不便さから解放されたり、ネットで検索結果をサブ画面に表示させたまま、メインでの作業を継続できたりと作業効率が爆上がりとなります。

そして大きなディスプレイを増やせば文字が大きくなり、目の疲れも軽減するでしょう。

「それだと自宅で動画を見るようなコンテンツ消費するには不必要じゃん?」

と言う疑問はもっともです。大きなディスプレイを使えば2窓環境が可能になります。要するに2つ以上の動画を同時視聴可能な状況です。

それって混乱しないの?と思うかもしれませんが、片方は視覚、もう片方はラジオ的に聴くけどたまに視聴すると言うような使い方ができます。

他にも1つの窓でPCゲームをしつつ、もう一つは攻略動画を見たり、LINE等のチャットコンテンツをディスプレイ上に表示させつつ、返信をキーボードで行うなどできることは大幅に増えます。

Amazon広告

PHILIPS モニターディスプレイ 242E2FE/11 (23.8インチ/IPS Technology/FHD/5年保証/HDMI/D-Sub/DVI-D/フレームレス/昇降・高さ調節)

もし作業でなく動画を見る目的なら27インチを超え高画質のものをお勧めします。

広告AmazonPrimeVideo

Amazon広告

Dell S2722QC 27インチ 4K モニター (3年間無輝点交換保証/IPS非光沢/USB Type-C・HDMIx2/sRGB 99%/縦横回転・高さ調整/4ms/AMD FreeSync/スピーカー付)

私は動画編集をすることもあり27インチWQHD(2Kとも表現します)モデルのディスプレイを使用しています。

参考にブログのリンクを貼っておきます。よかったら読んで見てやってください。

動画を楽しむなら

PCやディスプレイに付属するスピーカーは残念ながら音質が良いとは言い切れません。なので外付けのスピーカーをお勧めします。

スピーカー

Amazon広告

Bose SoundLink Flex Bluetooth speaker ポータブル ワイヤレス スピーカー マイク付き 最大12時間 再生 防水・防塵 20.1 cm (W) x 9 cm (H) x 5.2 cm (D) ホワイトスモーク

動画配信者目指す?

外付けのマイクなら余計な環境音が入らないですむようになります。

Amazon広告

HyperX SoloCast USBスタンドアロンマイク テレワーク/ストリーマー/コンテンツクリエーター/ゲーマー向け/PC,PS4,PS5使用可能 メーカー 2年保証 HMIS1X-XX-BK/G ( 4P5P8AA )

マイクについては無くても良いものですが、動画配信をするなら持っておくと視聴者に不快な思いをさせないで済む可能性が高まります。

ただ動画配信をしっかりやろうと考えるならアクセサリよりも高スペックのデスクトップPCを購入する方が作業効率としては重要です。

初めは安価で揃えてみましょう

トラックボール、キーボード、少し大きめのディスプレイの3つは安ければ全部合わせても2~3万円でそこそこ良いものが購入できますので推奨します。

より快適なPC環境を目指してみましょう。

参考に、過去に書いたM1MacBookProのアクセサリーを実際に購入したことに触れたブログ記事のリンクを貼っておきますので、興味を持たれたら読んでみてやってください。

以上です。