お天気とサーファーの物語

「そうそう、この前自衛隊に電話したんですよ。天気のことが聞く必要があって。」

サーフィン終わって海上がりに初めて話しかけたサーファーからこんな言葉がでました。


1990年代後半のいつだったかは忘れてしまいましたが、この会話の1週間前ぐらいのことでした。朝8時半過ぎ、職場の電話が鳴り受話器をとってみると電話交換係から

「部外から天気のことを聞きたいということで電話が入っています。そちらにつないでも良いでしょうか。」

聞いただけだと天気の何を聞きたいのか分からないので

「つないでください」

繋がった相手は近隣の小学校の先生と名乗り

「これから30分後ぐらいの雨はどうなるでしょうか?」

予報担当者は会議で不在のため電話に出られないと伝えると、慌てた様子で

「どうしよう、すぐ知りたいんですが。」

どういう要件で天気が知りたいか尋ねると

「6年生の生徒たちの卒業アルバム用の記念撮影を予定しているんですが、外で撮りたくて。でも雨は降っているし…」

たしか雨が降ったり止んだりの天候だったのをはっきり憶えています。この時代は、スマホ当然なく学校にもインターネット回線は普及していなかったはずです。

予報担当は不在、でも先生は慌てている。少し考えて

「あー、えー、その学校あたりは多分30分後ぐらいに止み間が出るなー。15分間ぐらいは雨降らないなー。あ!すいません!今の独り言ですよ。独り言!」

気象庁の雨雲レーダー画像を見ていると、雨雲はそんな感じの移動しそうでした。予報士を持っていないから気象業務法に抵触するはずです。

電話はすぐに切れました。そしてやりとり自体はすぐに忘れてしまいました。


「俺、自衛隊なんですよ。」

海上がりの会話の流れでそう言った時、冒頭の言葉が初めて会ったサーファーの口から出てきました。

「あの時、雨のことを独り言といってた人の通りに晴れたんですよね。驚きましたよ。天気のことに詳しいところが自衛隊にあるから電話しろって先生の先輩から言われたんです。」

「あー、それ多分俺の独り言ですね。あくまで独り言でしたけどね!その感じだと撮影はうまくいったようですね。」

先生は、上手く撮影できたと言っていました。そりゃそうだ生徒にしたら一生に一度かもしれない撮影なんだから。

今、もし同じような問い合わせがあっても答えはしないでしょう。スマホからでもリアルタイムに雨雲の移動予測は見られますから。

「今日も良い波でしたね。お疲れ様でした。また海で会いましょう。」

いつも通りのサーファー同士の会話で別れました。

不思議な縁があったな、とふと思い出したので書き留めました。

以上です。