EDC(EveryDay Carry)毎日持ち歩きたいギア/便利で使えるタクティカルポーチ紹介

海外ではEDC(Every Day Carry)という表現で「毎日持ち歩きたい物」としてカテゴリー化されて、メモ帳、ペン、極小LEDライト、絆創膏などの簡単なメディカルキット、海外では合わせてナイフや暴漢撃退の唐辛子スプレーやマルチツールがあり、それらのギアを入れるポーチもEDCとしてカテゴライズされています。

特にバッグやポーチはアメリカ軍やイギリス軍などの採用しているMOLLE(モール)システム(参考:Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/MoLLE_System)という様々なバッグやボディアーマー(防護用ベスト)に脱着できる方式で、ミッションに応じた形に変更でき便利なシステムです。

その中でもポーチ類は小さいながらも機能性に優れて、一般の方でも普段使いにはとても便利なものが多くおすすめできます。

この記事では特にミリタリー系では有名なブランドと代表するポーチを紹介していこうと思います。リンクも合わせて表記しますので是非チェックしてみてください。

おすすめブランド別EDCポーチ

5.11

アメリカのブランドでタクティカル、ミリタリー、ポリス、セキュリティーギアで広く知られて使われているブランドでAmazonやネット通販で他に入りやすいギアが非常に多いです。

バッグ類はもちろん、ウェアやブーツ、そのほか便利なギアをリリースしています。

5.11(ファイブイレブン) 6.6MEDポーチ

こちらは医療キットを入れることを前提としたものでポーチの正面に医療関係を示す十字マークが入っています。

タスマニアンタイガー

オーストラリアのミリタリー系のブランドです。大きな陸自駐屯地内のPX(委託売店)でも扱っているところがあります。

タスマニアンタイガー EDC ツールポーチ

マックスペディション

アメリカのブランドで5.11よりミリタリー系に特化しています

マックスペディシマックスペディション(Maxpedition) FRP[[TM上]] ファーストレスポンスポーチ FRPGRY

デザインは街中でも違和感ないものが多く、カラーも上記のような都市内で目立たないのでカッコ良いですね。

コンドル

老舗のミリタリーブランドでタスマニアンタイガー同様陸自駐屯地内の売店で扱っているところがあります。

ミリタリーではなく普通のおしゃれなバッグメーカーのブランドです。デジタル機器の収納では非常に優れています。

CONDOR メディカルポーチ

上記以外でも便利なEDCギアを購入しやすいのはやはりミリタリー専門ショップがおすすめです。

ミリタリーショップ レプマート

戦人

自衛隊大好きな方は、間違いなくこちらがおすすめですね。

陸自駐屯地内でも販売されていて、自衛隊の迷彩模様に近いカラーリングを採用しています。

しっかりとMOLLEシステムにも対応しています。ただ迷彩が特徴的なので普段使いしていると本職に、間違われるかもw

戦人(senjin) RANGER-A6 迷彩 ポーチ 携帯ポーチ 小物入れ

戦人-senjin-

ご紹介したポーチは、単体でも便利に使えますが、MOLLEシステム対応のバッグなどに取り付けて使うようにすれば拡張性が増すので使用用途のバリエーションが増えます。

[ミステリーランチ]ツーデイ アサルト バックパック バッグ メンズ 27L A3 [並行輸入品]


普段使いも考え、これからは防災グッズを入れてEDCとして毎日運べるようにすることを是非お勧めします。

私自身は防災士で救命講習を受けたこともあり絆創膏やウェットティッシュほか予備のモバイルバッテリー等を入れて持ち運んでいます。

もし防災士に興味を持たられているなら以下のブログ記事を参照に見てやって下さい。

防災士になったよ/費用・受験手続き、難易度、メリット、デメリットを解説します

以上です。