【まだやってんの?】腹筋鍛えてウエストのくびれを作る、はズレた発想

未だにネットの情報や周りの人たちでも根深い

「腹筋を鍛えてダイエット」「くびれを作るなら腹筋を鍛える」

という話を見聞きして驚いています。

端的に言って、短期間に腹筋だけを鍛えまくると…

くびれができるどころかウエスト周りが太くなります。

理由は、筋肉は鍛えたら太くなります。腹筋も鍛えたら大きくなっていきます。二の腕を鍛えると力こぶが大きくなる理屈と同じです。

おまけに、トレーニングを開始して1ヶ月程度なら脂肪がさほど落ちていないにも関わらず筋肉が大きくなるので体重が増える現象が発生します。

お腹をへこませるならどうしたら良いの?

腹筋を鍛えつつあわせて肩、胸、お尻、腿の筋肉を鍛えて太くすることです。

胸周り、お尻周りの筋肉が少しでも大きくなれば見た目としては相対的にウエストが細く見えるようになります。もちろん食事量を少しは減らすことを忘れずに。

長期的にみれば腹筋を鍛えることによって男性なら6パックが、女性ならアブクラック(お腹にできる縦の溝のような凹み)が強調されるなど良い効果は得られます。でも腹筋のみでは、くびれを強調させることは難しいので、これがブログのタイトル中にある「ズレた」の言葉にかかります。

おすすめする筋トレ

ブルガリアン・スクワット

引用元:Youtube「myungみょん」

お尻周りの筋肉を鍛えるなら断然おすすめ

腕立て伏せ

腕立て伏せは言わずと知れたトレーニング。でも鍛えられるのは大胸筋です。できれば足先を椅子等に乗せて頭の位置が足先より下になるような姿勢をとり腕立てをすると、大胸筋の上部が鍛えられより効果的です。

ジムに行けるのならインクライン・ベンチプレスという種目がおすすめです。

引用元:youtube「MyTraining App」

サイドレイズ、フロントレイズ、リアレイズなど

引用元:youtube「Whitney Simmons」

肩周りのトレーニングを一通り行っているこの動画が良さそうと思い貼りました。

女性なら500mlペットボトルに水を入れるぐらいの重量で効果が得れると思いますし、慣れてくると肩周りだけならウェイト無しでもそこそこ追い込めます。

動画ではジムに行くことが前提になりますが、肩周りについては自室でも十分行えるでしょう。

普通の腹筋運動は腰に悪い

学生時代に教えてもらった腹筋の鍛え方といえば、仰向けになり膝を曲げて、上半身を起こす腹筋運動を思い浮かべると思います。

ところが、上体起こしの腹筋運動は少なくとも40年近く前からある種目です。

古くからあるので、それなりに腹筋を鍛える効果はありますが、ここ数年に出てきたクランチ、プランク、レッグレイズなどの種目に比べて効果が低いのは自分でやっていても実感しますし、ジムでやっている人は明らかにトレーニングを知らない人のようです。ちょっとガチで筋トレやる人たちはまずやりません。

近年では運動能力向上にも効果が低いどころか腰痛を悪化させることがわかり、例えば2016年から日本バスケットボール協会では「推奨できないトレーニング法」として選手や指導者にやらないように伝えているそうです。

それ以前、私はずいぶん前に話をしたアメリカ人のフィットネスマニアの方が

「何十年前の非効率なトレーニングをなぜやっているの?」

と驚いていたのが印象的です。

このブログを書く前に、似たような記事はあるだろうとググってみましたが驚くことに上位検索に筋肉でウエストが太くなることに触れてさえいませんでしたので書きました。

今年の夏はもう終わりですが、来年に活かしてみませんか?(笑)

以上です。

マイプロテイン広告