無敵の人に出くわした時対処方法/逃げるは恥ではありません

最優先行動:逃げましょう

2021年は都心部の街中や電車内での無差別に人を襲う事件が4件以上発生しています。突然襲ってくる犯罪者が逮捕後にする犯行理由供述では

「誰でも良かった」

と言われますが実際はどうでしょうか。実は弱そうな人間しか襲っていません。

サイコパスは見た目じゃわからない

いわゆる無敵の人はサイコパスの傾向があるそうです。一方でサイコパスの人は普段の行動や外見は普通の人と区別がつかないという研究結果もあるそうです。

つまり無敵の人は行動を起こすまで、ごく普通の人にしか見えないと言えます。

しかし行動を起こすとある特徴が見えます。

それは「弱そうな人を襲う」傾向です。

無敵の人は「一方的に相手を攻撃する」ことが目的にありますので自分より弱い相手にまず攻撃をしています。

逃げられにくく一方的に攻撃をできる相手となると高齢者が的にされやすいとも言えます。

京王線内であった事件でも電車内で重傷を負った男性は69歳と高齢な方だったようです。

刃物を持っていたら

逃げられそうにないと思ったらカバン、バッグを胸、お腹を守るように持つようにしましょう

薬品を持っているようなら

顔(目)を守るようにしましょう。

近くにある物を投げつける

身近で手元にありやすいのは飲み物です

ペットボトルや缶自体をぶつけても効果はありますが液体をかけるのはさらに効果が高いでしょう。

視界を奪えるだけでなく濡れると頭を冷やすことになり昂った感情を沈めることになります。

一瞬でも視界を奪うだけで逃げる時間を稼ぐこともでき、かつ相手に再利用される心配もありません。

対処は時間を稼ぐためにやろう

筋力・体力に自信がある方は対抗しようとするかも知れませんが、無敵の人はパッと見で強そうな敵と戦おうとはしません。「一方的に相手を攻撃する」ことが前提となっています。

なので基本的に戦うのは避け強い相手からはすぐに逃げるか、最悪人質を取って自分に有利な状況を作り出そうとします。

対抗するにしても3人以上の協力・連携が必要で訓練を受けていない素人がやろうとすると高確率で失敗するでしょう。

基本的には逃げることが一番

避難の時間を稼ぐ方法

フラッシュライトで目眩し

高輝度のLEDライトは目眩しに使えます。眩しさで光源のライトの位置以外はよく見えなくなるの追いかけられたとしても捕まえられ難くする事ができます。

また小型でバックの中に入れてもかさばらないLEDの明るいライトは普段使いでも停電時の防災用品としても役立ちます。

OLIGHT(オーライト) i3E EOS キーホルダーライト 懐中電灯 90ルーメン IPX8防水 小型 軽量 ミニ 19.4g 階ねじ込み式スイッチ 日常生活 フラッシュライト 単4電池×1本

防刃性能のあるギアで体を守る

ミリタリーギアで使用されているバリスティックナイロン製やコーデュラ製バッグなども防刃性能(刃物で切れにくい性能)があるので効果はあると考えます。

その強度はデニール(表示単位はD)で表されますがミリタリー基準でよく使われるているのは500D以上の物です。アウトドアバッグなどでは標準的なものよりやや高価なバッグに使用されていることが多く見られます。

もちろんミリタリー系のブランドがリリースしているバッグであればある程度の品質を併せています。

MYSTERY RANCH(ミステリーランチ) 2 DAY ASSAULT 2デイアサルト

防刃手袋という刃を通さない手袋が作業向けに販売されていますが、格闘用ではありませんので防刃手袋をはめて戦うのではなく、逃げることに徹しましょう。

Hazax a complete shop 手袋 防刃手袋 耐切創手袋 レベル5 滑り止め無し

注意:武器になりそうなナイフ、刃物や特殊警棒のような不審者撃退グッズは逆に奪われた際に危険

相手が興奮している心理状態で奪われ利用される可能性が非常に高くなるのでお勧めできません。

また街中で警察官から職務質問されてバッグの中を見せた際に小さなナイフや警棒、スタンガンのような防犯グッズは軽犯罪法に触れる可能性があります。

体力、筋力に自信がある方は他の人の避難協力を

戦わないで弱い立場の人の避難を手伝うのが良いかも知れません。でも繰り返しますが自分の身を守ることを一番に行動しましょう。

普段から護身術をお稽古で身に着けることが身を守るというのもありでしょう。

筋トレで体力をつけ自信をもつ

対抗するというより最悪の事態で生き残れるという気持ちがあるだけで緊急事態には大きなアドバンテージになります。

アメリカ人の筋トレ好きと「何で筋トレするのか」という話で「セルフディフェンス(自己防衛)だよ」と言われカルチャーショックを受けた記憶があります。

確かに海外の物騒な街中では筋肉のついた人がいれば狙われにくいなと、ヨーロッパの旅行でも感じました。しかしあまりに筋肉アピールをすると空港などで怪しまれるので程々にした方が良いとも言われました。

これらのことがいざという時役に立てばと思い書いてみました。

ライトなどのギアを持ち運ぶのに便利なポーチなどについては下記のブログを参考にしてみてください。

EDC(EveryDay Carry)毎日持ち歩きたいギア/便利で使えるタクティカルポーチ紹介

繰り返しになりますが、通り魔に遭遇したら逃げることを一番に行動しましょう。

以上です。