職業訓練校・ポリテクセンターに通おう/資格につながる教育を受けながらお金も受け取れる場合もあります

今の仕事を辞めたいけど、次にやりたいことが特にない、でもアルバイトでしのぐのも安い給料で働くのも嫌だ。転職、再就職に有利な資格もない。

そんな人におすすめしたいのが職業訓練給付金制度を利用した職業訓練校・ポリテクセンターでのトレーニングです。

職業訓練校・ポリテクセンターとは

全国の主要都市にある施設で「職業能力開発センター」「ポリテクセンター」などと呼ばれ失業中で再就職を考えている人向けに講義は無料(テキスト代他使用する物はいくつか有料)で再就職に役立つ技能を身につける場所です。

細かく言えば国(厚生労働省)や自治体がサポートしているのは職業訓練校だけでなく大学や専門学校などに協力してもらう民間委託と呼ばれるものもあります。

東京都はこちらのPDFを参照してもらえたらと思います。(https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/kyushokusha-kunren/school/nyukoannai2021-2.pdf

地域の職業訓練校によりますが建築や電気工事など昭和の時代からあるもの以外にCAD、プログラミング、WebデザインなどIT系の学習ができるカリキュラムを組んでいるところもあるようです。

入校するには審査があります

審査は筆記試験と面接があります。

筆記試験は中学卒業程度の学力と適性検査です。そこまで難しいものではないとは思います。

面接ではやる気や就職意欲があるかを重視する質問が主体となっているようです。

目的が暇つぶしや道楽目的では、職業訓練校の意義と合わないので入校できないでしょう。

では具体的な理由を挙げると

  • 自分の興味のある分野での技術習得が目的
  • 確実にスキルアップ
  • 自分の興味のある分野での就職活動をする予定、または就活中
  • 訓練終了後は就職する意思がある
  • 訓練中でも希望の業種の就職ができるなら、すぐに働く

といった具合に「働くこと」が前提となります。

人によっては、アルバイトをしながら通う人もいます。

入校のメリット

国家資格取得に必要な知識と技能の教育が受けられる

職業訓練校であれば実業高校で学べるレベルの技術系教育が受けられ、最終的に国家資格を取得できるようになるまで知識と技能を得られます。職業訓練短期大学校や職業訓練大学校になればそれぞれ短期大学卒、専門学校卒及び大卒程度となります。

続きを読む “職業訓練校・ポリテクセンターに通おう/資格につながる教育を受けながらお金も受け取れる場合もあります”

サーフィン中のケガやクラッシュの補償だけでなくアウトドアも含むスポーツ保険/1日単位タイプもあります。

「個人で入れるサーフィンの保険ってありますか?自分の怪我だったり、他人を怪我させてしまった場合に使える保険なんですが…」

知り合いのサーファーさんから波予想の流れからLINEで質問されました。

(スポーツ保険のことを知らないサーファーさんは意外といるかも)

と瞬間的に思って今回のブログをスポーツ保険について20年以上のサーフィン経験を絡め、自分のためにも調べて書いていきたいと思います。

どんな保険があるの?

の前に、サーフィン保険に入るのはちょっと待って!

続きを読む “サーフィン中のケガやクラッシュの補償だけでなくアウトドアも含むスポーツ保険/1日単位タイプもあります。”

自衛官採用の話・今17歳〜32歳で就職か進学か悩んでいる方へ/自衛官になるには

私、よしっさは、海上自衛官勤務時に広報官という自衛隊の入隊試験を受けてみたい高校生や大学生、社会人など対応や実際に入隊した人たちのサポートをする業務に携わった事があります。

普通の企業であれば採用人事的な仕事です。

そんな私が自衛官の採用の窓口として一般の方に説明するように、自衛隊・自衛官に対してよくある質問などについて説明したいと思います。

自衛官について

社会的な身分としては特別職国家公務員です。

仕事は日本国・日本国民の命と財産を守る人材です。

警察との違いは、警察組織は基本的には日本国内の治安維持のため悪い人を捕まえたりしますが、自衛隊・自衛官は国外から警察では対応できないくらいの武力対して政府の命令を元に対応します。

続きを読む “自衛官採用の話・今17歳〜32歳で就職か進学か悩んでいる方へ/自衛官になるには”